花フェスタの春バラ 2017

可児市の花フェスタ記念公園の春バラを見に行ってきました。
http://www.hanafes.jp/hanafes/



かれこれ10年近くこの公園に通いましたが、正直、ここ数年の花フェスタは残念の一言です。
以前は、見頃や満開の時期は、花のガラ摘み、ガラ拾いなども、ボランティアさんを入れて、本当に綺麗にしてありました。
世界最大の薔薇園という名にふさわしく、バラの株も大きく、種類も豊富で
園内も管理がしっかりされていて、アーチなどもまんべんなくつるが伝っていたのですが・・・。
毎年、株がどんどん減っていき、ボリュームもなくなり、手入れのされていない寂しい部分が増えています。

園内の設備も、このハイシーズンに、壊れたベンチに黄色いテープで「立入禁止」を貼って置きっぱなしでした。
一時退避でも、撤去した方が断然よいと思うのですが…残念すぎる…。
壊れたエレベーターもまだ今年も故障中のままでした。

あと、ターシャの庭なんか、え?荒れ地?みたいな状態で。
(ターシャさんの庭のイメージがナチュラル系だというのを知っていても、え?ってレベルです)

本当に大好きでしたが、もう、来年はばらまつりのシーズンには、行かないかも。
入場料も以前はバラまつり期間は高いけど、金券とかついてたのですが、それもなくなり、実質値上げです。
気がつけばJAFやはぐみんカードの値引きもなくなりました。
なのに園内の薔薇のクオリティーは低下って。
昔はハイシーズンは年パス買って毎日来たい!というぐらい、ものすごいボリュームだったのですが。
こんなご時世ですし、経営が厳しいのかな、とは思いますが。
中の公園自体は、子供の遊ぶスペースが増えたり、飲食店も昔に比べればバリエーションが出て、良くなってきていただけに、本当に残念です。


とはいえ、行かれたい方向けの情報も。
薔薇は減っても、やっぱり規模は大きい方だと思います。
自然公園というジャンルでは、今でも大好きな公園です。
ヒトツバタコ(ナンジャモンジャ)のシーズンは並木が綺麗ですし、春はポピー、秋はコスモスも美しいです。
芝生でゴロゴロしながら空を見上げる時間はどのシーズンも格別です。

チケットは、窓口では割引がありません。
コンビニの前売りチケットが5%引きで一番お得になります。

春薔薇と秋薔薇だったら、断然春バラの規模が素晴らしいです。
(でも前述の通り、年々寂しくなっていますが)

駐車場は停めるなら、西ゲートがオススメです!
薔薇の身頃のシーズンはとにかく駐車場が混むので、朝イチ、もしくは15時過ぎがよいです。
でも、子連れなら、断然朝イチをオススメします。
なぜなら足湯(西ゲートにあります。超オススメ)や子供向け遊具などが、16時あたりで終了となってしまうものが多いからです。

参考までに閉園時間です。
【2017年 4月 1日(土)- 2017年11月 5日(日)】 9:00-17:00 (入園は16:30まで)
◆春のバラまつり期間の土日は開園時間延長 8:00-18:00 (入園は17:30まで)
但し、5/13、5/20、5/27、6/3、6/10はナイトローズガーデン開催のため20:30まで延長します。(入園は20:00まで)

バリアフリーとは程遠い高低差の大きい公園で、ベビーカーなども遠回りしたり、坂道押したりと大変です。
(でも、歩くのが大変ではあっても、子ども達は案外楽しそうに遊びながら歩きます)
ですが、途中で疲れたーあるきたくないーという3歳ぐらいのお子様連れの場合、ベビーカー持参がよいと思います。
押す方は大変ですが、子供は座りながら休めますし、だっこやおんぶよりマシです。

4月~6月は園内を花ポッポ号、夢ポッポ号というロードトレインが走ります。
中学生以上は1乗車200円ですが、小学生以下は無料ですし、ベビーカーの持ち込みもできます。
疲れたらいっそ乗ってしまうのも手です。(本数が少ないので、時刻表は要確認!)

各ゲート付近に授乳室があります。
西ゲートの授乳室を利用したことがありますが、事務所の脇の1スペースみたいな雰囲気の場所でした。


さて、話を今回の旅に戻します。

子ども達は、園内のふわふわドームが特に大好きなのですが、16時までで、既に終わっていました。
ものすごくがっかりする二人を慰めながら、育々清流ネットへ。
楽しそうにてっぺんに登る息子と、なんだかへっぴり腰な娘。
去年はすいすい登っていたのにな~と思ったら、主人が、身体が大きくなると、また難しくなるんだよ、と。
なるほど。小さい方がやっぱり身軽ですよね。(2人の身長差は15cmぐらいです)
子ども達が満足するまでひとしきり遊んで帰宅しました。



帰り道はちょっと寄り道。
花フェスタの西ゲートを右折し381号を、21号に向かってどんどん進むと、
右手にローソンの次ぐらいに恵那川上屋が見えます。(21号の角がすき家の交差点のところです)
http://www.enakawakamiya.co.jp/
私、中津川の川上屋だと勝手に思っていたのですが、系列店でもなく、暖簾分けした全く違う店舗のようです。
小洒落た洋菓子も置いてあるお店でした。
今回は急いでいたので、お土産しか買えませんでしたが、イートインのスイーツが美味しそうでした!!!
栗とは全然関係ないわらび餅を購入して帰りましたが、美味しかった~♪
次はイートインで栗ソフト食べようと目論んでいます。

お店の前の栗きんとんの椅子で記念撮影しました。


今年は日程的にどうしても合わず、16時すぎに花フェスタへ行きましたが、
午前中に花フェスタの時は帰りに土岐のプレミアムアウトレットへ行って、ご飯食べつつ、お買い物しつつ、
子ども達はアウトレット内のプレイパークで遊ぶのが定番です。
小学生は遊べない遊具が増えてしまうのですが、幼稚園児まではものすごく楽しく遊べると思います。
一番オススメは、奥の角にある大きめのプレイパークです。
(2110番地のトミーヒルフィガーと、2300番地のボディーショップの間です)
何がオススメって、パークのすぐ横に、大きめのガラス張りの休憩スペースとトイレがあるところ。
こども用トイレもあるので、子供の急な「トイレ!」でも、通常のトイレは行列でも、こども用トイレは空いていて高印象です!

あと、花フェスタに行った後なら、半券を持ってインフォメーションへ行くと、クーポンもらえますよ~。
http://www.premiumoutlets.co.jp/toki/sp/flower_2017/

うちは今回、先にアウトレットに行き、花フェスタに行きました。
http://www.premiumoutlets.co.jp/toki/
新しくできていたデリフランスというパン屋さんが、とっても良かったです!
小売りのパンもサイフォンコーヒーやジュースも美味しかったし、サンドのセットも大満足でした。
(サンドセットのおまけのソフトも美味しかった~)
http://www.premiumoutlets.co.jp/toki/brands/detail_266.html
http://viedefrance.co.jp/delifrance/


またしても食べてばっかりの1日でした。 まさに花より団子…!


追記/おまけ/昔の花フェスタ
2008年か2009年頃



2011年

スポンサーリンク

しおりについて考えてみる

娘が小学生になり、徐々に読書も、絵本から次のステップに登りつつあります。

自分が子供の頃に好きだった本の記憶を辿りながら、
このあたりを読んだら面白いと思えるかな?などと探りながら、
図書館で、娘向けの本を数冊ピックアップして、借りています。

最初は自分で読ませるのでなく、
寝る前の絵本タイムに、私の本として1章だけ読んで、続きが聞きたい!ってところで、
「ではまた明日~」とします。
「えー!もうちょっと!!!」と言われたら、しめしめ、と思いながら、もう1章だけ読む、みたいな感じで
読み聞かせをしています。
そのうち自分で読む楽しさに気がついてくれるといいなぁ、と願いながら。


年長ぐらいに意識して、はじめに読んだ長文の面白い本は、「おおきなおいも」
これはあまりに面白くて、何度も何度も読んでいます。



その次は、「おしいれのぼうけん」
定番ですね。
私も幼稚園時代、読んでもらってドキドキハラハラしました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ) [ 古田足日 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)




絵本ですが。
「ちいさいおうち」



長文でも面白いのは聞いてくれそうと、手応えを感じたので、
「エルマーのぼうけん」



年長最後らへんで、自分でちょっとでも長文読めるきっかけに、と思って、
中古でにゃんたんのゲームブックシリーズ(絶版)を数冊購入しました。
いまでもあればいいのにな~、ゲームブック。
書き込む子がいるから、図書館にないのかなぁ・・・。



ここぐらいまでが年長でした。

ここからが、1年生。

「たぬきちおばけになる」
せなけいこさんの絵本なのですが、1章2ページで、面白いです!
絶版なのが残念。
http://www.ehonnavi.net/ehon/4774/%E3%81%9F%E3%81%AC%E3%81%8D%E3%81%A1%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%91%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B/

「ふしぎなかぎばあさん」
シリーズなので、まだまだ読めます。
娘は超ワクワクしながら聞いてるのに、息子(年中)は毎回隣で寝こけてます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふしぎなかぎばあさん (あたらしい創作童話) [ 手島悠介 ]
価格:1153円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)





次はミヒャエル・エンデのモモあたりを行きたいのですが、
まだちょっと早いかな~。



ゾロリとか面白いのにな~。
なぜか娘は好きではないみたいで、読みたがりません。




で、あまり自分では読まないけど・・・とおもっていたのですが、

先日、友人が挿絵を書いた児童小説を購入したところ、なんと!自分で読み出しました!!!
「恐怖の帰り道 あやしい赤信号」です。
え、ちゃんと読んでるの?って思って、内容聞いたら、あっていました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あやしい赤信号 (恐怖の帰り道) [ 針とら ]
価格:950円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)





超まわりくどいのですが、ここから本題です。

まだ、目で細かい字を追えないようで、教えてもいないのですが、
上記の児童書、しおりをガイドにして、1行ずつずらしながら、一生懸命読んでいました。

しおりは本屋さんにでいただいた紙製のものです。

その姿を見て、娘に、読書好きになって欲しいから、記念に素敵なしおりでもプレゼントしたいな~と思ったのですが。


私は、自分自身が読書が好きでした。
(過去形なのは、今は本当に読めていないから)

しおりは、色々と使ったものの、おまけの紙製しおりが一番好きでした。
(最高なのは本にしおり紐が付いてるタイプだけど!)

理由としては
・本に跡がつきにくい
(この理由で、分厚いものや金属のものは私的にNG。図書館からお借りすることが多いので)
・薄いので、挟んだまま読んでも気にならない
(分厚い栞や、硬い栞は、ソフトカバーの場合、本が曲がりません)
・うっかりなくしてもダメージが少ない

・・・と思ったら、なんかわざわざしおり、買わなくてもいいのでは?との結論に。
でも、世の中、探したらものすごくいいしおりがあるのかもしれない!!!!
と思って調べてみました。

この紙タイプのは素敵だけど、子供にはちょっと渋すぎかな・・・。



蝶、素敵!
だけど持ち運ぶ場合は微妙?





なんて思ってさらに検索していたら、
無印から本のしおりひもを貼り付けるタイプのブックマーカーがでているそうで。
でもなー、本痛むしなぁ・・・。
https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548076539636

スピン紐だけはありました。
自分で貼れるブックマークが作れます!
でも、長く読む系のに、自作ブックマーク作れれるとわかったのは収穫です。



うーん、印刷屋さんにオリジナルで娘のネーム入り紙タグでも作ってもらってみようかしら?
もうちょっと悩んでみたいと思います!

スポンサーリンク

sidetitleプロフィールsidetitle

あんぶろーしあ

Author:あんぶろーしあ
ハンドメイド好きな主婦です。
気の向くままに移り気に手作りを楽しんでいます♪

私のminneのショップはこちらから。
https://minne.com/ambrosia

sidetitleあんぶろーしあ愛用グッズsidetitle
洋裁グッズオススメ記事
JUKI SL-300EX
JUKI SL-300EXを半年使って
JUKI SL-300EXを1年使って 私のオススメ洋裁道具 その1 ミシンとロックミシン
私のオススメ洋裁道具 その2 ミシン糸とミシン針
私が使っている型紙用品

愛用ミシン類
職業用ミシン
JUKI SL-300EX
購入した時のブログ
JUKI SL-300EX
メーカーサイト
https://www.juki.co.jp/household_ja/products/detail.php?id=16
SL-300EXのリンクでないのは、この機種が一部の特約店のみの販売品だということ。
お店の案内になくても、メールなどでお尋ねするとお値段を教えてくれます。
下のリンクは私が最後まで悩んだミシンです。


家庭用ミシン
ブラザーフェリエ2
リンクは後継機のリビエラ80です


ロックミシン
ベビーロック 糸取物語BL69WJ



ミシン机
購入した時のブログ
ミシンテーブルと椅子
e-tokoエクステンションテーブル大


ミシンチェア/ミシン椅子
2WAYタイプ オフィスチェア 椅子


一緒に置いてある子供用椅子
E-Toko 頭の良くなる椅子/学習チェア
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle