西浦パームビーチ 2017

今年もパームビーチ、行ってきました~。

昨年のブログはこちら。
http://intheholygarden.blog61.fc2.com/blog-entry-212.html

本当はお盆前に行く予定が、雨が降り、台風が来て、雷が鳴り、泣く泣く延期に。
仕方なく、お盆の日曜日に特攻してきました。

しかも、朝一で用事があったため、ビーチに着いたのは11時ちょい前。
途中のコンビニでおにぎりとサンドイッチ食べながら到着。
ビーチ前の町営駐車場は、空き待ちの行列で、7台目ぐらいだったかな?
悩みましたが、主人に待っててもらって、先に荷物を降ろし、子供達と泳ぐことにしました。

ビーチはテントいっぱいでしたが、うちは最初から椰子の木の木陰にするつもりだったので、木陰にゴザひいて、泳ぎに行きました。

ひと泳ぎして、あがったら、もう主人が来ました。
20分ぐらいかな。30分はなかったです。早かった!
駐車場のお兄さんに、他を探しにいくなら待ってた方がいいよ、すぐに空くからと言われて、本当にすぐだったそう。

海に入ったり、砂で遊んだり。
身体が冷えたら休憩したり。
海の家で、買い食いしたり。
今年もまったり楽しくすごしました。



主人、今年はラッシュ買いました!
レビューみてXXLにしましたが、いい感じでした。




娘のは、お店で探したのですが、いいのがなくって、同じお店で。
ふたりとも、フードがないタイプにしました。
すっきりしていい感じです。




私は帽子もかぶりたくないし、日よけの関係でフードありにしたのですが、
ビーチのお母さん達は、この手の帽子が多かったです。
つばありは、やっぱり日差しを避けてくれるからいいですよね。




娘は砂浜にテントがいいなー!って言ってましたが、砂浜暑いし、長くて半日しか遊ばないの、目に見えてるし…。
ヤダよ、そんな短時間の為に設営したくない!
(その後、主人と海の家が大人1日1000円/子供1日500円(足洗い場あり&更衣室と温水シャワー付き)なのをみて、1日いるなら海の家で3000円払う!に2人で意見一致(笑))

木陰は涼しいのですが、日陰が移動するのだけが難点です。
でも、涼しい!自然物ってすごい!
今年はセリアで買った、いぐさのゴザが大活躍。
天然いぐさで108円!凄すぎる!即買いでした。



上の写真で、並んでいる車の列が町営駐車場への入場待ち列です。
そして、3時間すぎたあたりで、もう温泉入りたい!と言い出した子供達。やっぱりね。

無料の更衣室と冷水シャワーがあるのですが、シャワーは浴びずに着替えだけして、片付けして、温泉に行くことに。


昨年は、和のリゾートはづに行ったのですが、上の展望風呂が温泉でなくてがっかりしたので、違う温泉に…と、町営駐車場前の西浦グランドホテルに行ったら、
15時からなんです、と言われてしまい。
西浦温泉は、宿によって入泉時間がかなりバラバラです。


時間は14時。
結局、また、和のリゾートはづに行くことに。
しかし、これはかなり正解でした!
http://www.hazu.co.jp/wahazu/

今回は上ではなく、1階の露天風呂でした。
こちらは、加水、加温ですが、ちゃんと温泉なんです!
しかも、更衣室も洗い場も綺麗。
時間が時間でほぼ、貸し切り。ゆっくりと景色を見ながら温まりました。

温泉に入ったあとは、ロビーで、無料のドリンクサービスまで!
かなり嬉しかったです。

帰りがけ、フロントそばにいる、営業部長のコノハズクのこはくちゃんにご挨拶しました。
最初、ホッソリになってて、怖がられてるかな?と思ったら、フロントの方が、触ります?っていってくださって。


あっと言う間にふわふわに。
天使の羽衣なふわふわ感!


首、めちゃ回ります。
左右270度ぐらい回るんだよ、と主人が教えてくれました。



子供達も私達も大満足な、夏の1日を過ごしました。

スポンサーリンク

スポンサーサイト

宵の明治村 2017

宵の明治村に行ってきました。
http://www.meijimura.com/sp/

宵の明治村は、毎年やっているイベントです。
8月の特定日に浴衣などの和装で行くと、入村料が500円(普段は大人1700円)になる上、村内で使える割引チケットがいただけます。
営業時間も、普段は17時までぐらいなのですが(季節変動あり)、21時までで、ライトアップやプロジェクションマッピング、ジャズコンサートや花火が楽しめます!

駐車場はいつも通り、北口付近にある駐車場に。
正門付近にある、大駐車場という看板の駐車場は、民間駐車場です。金額は変わりませんが、私は北口の東京駅から汽車に乗るのが好きなので、いつも明治村の駐車場に停めています。

大人と娘は浴衣、息子は甚平です。
娘は、7歳越えたので、帯デビューしました♪
村内めちゃ歩くんで、子供達は無理せず、靴orクロックスです。

息子はキュウレンジャーのコタちゃん(小太郎)とお揃いの甚平~♪
大人の人がこれ着てキュウレンジャーのコスプレしてる写真を見かけて、
一体何センチをお召に?と思ったら150cmまであったんですね。



15時ぐらいに到着し、乗車フリーパスも購入しました。
夕方、涼しくなってから行ってもよいのですが、早めにいかないと、園内の機関車や、市電、バスなどは終わってしまうので、ちょっと暑いですが、帽子と日傘を持って入村しました。

お手製のピカチュウ麦わら被ってたら、ツアーできた外国のお客様が、ピカチュー!って言ってくれて嬉しかったです。
今年はこの麦わら、大活躍。



ちなみに、機関車の転車台をみるなら、東京駅のほうが、近くでじっくり見られるのでオススメです!
何回見ても飽きません。

スタンプラリーしたい子供たちに、帝国ホテルの売店でスタンプ帳を購入して、スタンプ押しながら進みます。
スタンプあると喜んで歩いてくれるから、必要経費です(笑)

明治村は、毎回来るたびに思うけど、歴史的建築物をこんなに移築してくれて、この村を作った名鉄、本当にすごいなー、と。
まさに浪漫なんですよ。
やっぱり、その時代に生きていた建物ですから。
(とかいって、今回建物の写真ゼロですが!)
海越えて、時代越えて、存在するって、やっぱりすごいです。
季節ごとに、村内の雰囲気が違うのもまた素敵。

私は帝国ホテルが好きです。
聖ザビエル天守堂のステンドグラスも。
子供達は今回、半田東湯に夢中でした(笑)

しかし、子供がいるとちっともゆっくり楽しんで見れない!
雰囲気を楽しみつつ、進みます。

途中、クーポンのくじ引きしたり、水風船釣りしたり。
かき氷食べたり。


派出所前で写真撮っていただいたり。
(わかっていても、写真撮ると、自分のデブりっぷりに唖然。
こりゃ帯、いつもと結ぶ場所変わるわけだ…!)


郵便局では、本当にお手紙を出してきました。
この昔の黒いポストに入れると明治村の風景印を押して下さるそうです。
今回は娘が祖父母に書いてみました。



花火も見ずに帰りました。
滞在4時間なかったけど、超堪能!

園内、浴衣姿、夏らしく艶やかでよかったです。
私的ベスト浴衣姿は、ザビエルでお会いした、お孫さん連れの素敵なおばあさま!
着慣れていらっしゃるのが、滲み出ていた素敵コーデでした。
柄足袋もすごくお洒落で。
憧れる~!あんな素敵な大人になりたい!

両親は年パス購入してたので、次は秋の紅葉の季節にでも来たいと思います~。
大逆転裁判2のイベントが面白そう!
http://www.capcom.co.jp/dai-gyakuten2/sp/topics/01.html?referrer=http%3A%2F%2Fwww.meijimura.com%2Fsp%2Finformation%2Fnews%2F001440.html

スポンサーリンク

sidetitleプロフィールsidetitle

あんぶろーしあ

Author:あんぶろーしあ
ハンドメイド好きな主婦です。
気の向くままに移り気に手作りを楽しんでいます♪

私のminneのショップはこちらから。
https://minne.com/ambrosia

sidetitleあんぶろーしあ愛用グッズsidetitle
洋裁グッズオススメ記事
JUKI SL-300EX
JUKI SL-300EXを半年使って
JUKI SL-300EXを1年使って 私のオススメ洋裁道具 その1 ミシンとロックミシン
私のオススメ洋裁道具 その2 ミシン糸とミシン針
私が使っている型紙用品

愛用ミシン類
職業用ミシン
JUKI SL-300EX
購入した時のブログ
JUKI SL-300EX
メーカーサイト
https://www.juki.co.jp/household_ja/products/detail.php?id=16
SL-300EXのリンクでないのは、この機種が一部の特約店のみの販売品だということ。
お店の案内になくても、メールなどでお尋ねするとお値段を教えてくれます。
下のリンクは私が最後まで悩んだミシンです。


家庭用ミシン
ブラザーフェリエ2
リンクは後継機のリビエラ80です


ロックミシン
ベビーロック 糸取物語BL69WJ



ミシン机
購入した時のブログ
ミシンテーブルと椅子
e-tokoエクステンションテーブル大


ミシンチェア/ミシン椅子
2WAYタイプ オフィスチェア 椅子


一緒に置いてある子供用椅子
E-Toko 頭の良くなる椅子/学習チェア
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle