時間の波をつかまえて Climax Jump !!!

太秦映画村に行ってきました。
http://www.toei-eigamura.com/

目的は!
「キュウレンジャー/仮面ライダー/プリキュア 3大キャラ ソングライブ feat.電王」です!

「feat.電王」ですよ!!!!!

もう10年経つのに電王!

しかも今回、良太郎のイマジン4体(モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロス)が出演とのことで、京都まで走りました。



9時のオープンから、整理券を配布とのことだったので、8時到着を目指して京都入り。
9時から配布された整理券は1回目11時公演の100番ちょい前ぐらいでした。

ショーの時間までの間、フラフラと太秦を探索。
子供達はアトラクションー!!!って感じで、
「からくり忍者屋敷」「刀でGO!」のあと、定番の屋根で遊んでました。(また?(笑))

私は外で待ちつつ、千両箱ポップコーンを購入。
最初、なんでこんな持ちにくく、食べにくい箱なんだ・・・と思ったのですが、
小脇に抱えて持って歩くと、まるで千両箱を持ってるみたいで、面白い絵面みたいです。

主人は「手裏剣道場」をやっていました。
お値段は500円もするものの、かなり面白い体験だったそうで。


そして、とうとうショーの時間。
始まる前にしっかりとおめんをそれぞれ買ってもらった娘(マカロンさん)と息子(ラッキー)。
私、サソリさんを買うか買わないかすごい悩みましたが、ガマンしました。

ショーは、そりゃもう豪華で。
生歌はいいです!(超英雄祭とか行きたいなぁ…)

私的メインの電王部分ですが、やるとは思いましたよ?Climax Jump。
だけどさー、それを、バンドバージョンでやるとは思わないじゃないですか!!!!!!


あまりの嬉しさに、え!私、今、なに見てるの?幻?って感じでした。

夢かと・・・夢かとおもったー!!!!!
神様、ありがとうーーーーー!!!!!


ということで、クライマックスに盛り上がり、最後は、キュウレンジャーのED、キュータマダンシング。
LUCKYSTARの幡野智宏さんがメインで歌って下さいました。
びっくりしたのが、キュウレンジャーのメンバー5人が、フロアまで降りてきてくれたこと!!!
息子は通路に出て踊っていたのですが、真横にカジキイエローが!!!
チラチラとカジキさんを気にしながら、嬉しそうに踊る息子。
最後はタッチしてもらっていました♪


参加券必須の歌手握手会のあとに
無料のキャラクター握手会もあったのですが、それがなんとイマジンもだったのですよー!!!!!!!

今期は私も握手会に参加するのは初で、キュウレンジャーメンバーにもドキドキしたものの、
イマジン、イマジン・・・どうすればー!!!!!って感じでした。

モモ、ツンデレ。
ウラちゃん、ツンツンクール。
キンちゃん、ドッコイショー。

うまく言葉も出ず握手してもらって、最後、リュウタロス。

あまりの可愛さに「リュウター!!!!カワイイーー!」って行ったら、手握ってピョンピョンしてくれました。

萌え死に。

っていうかねー、もう、10年越えて、まさかこのメンバーに出会えるとは。
本当に、本当に今回の企画に感謝です。
ありがとうございました!!!


その後も太秦で遊んで、14時ごろに退園し、
(自分たちだけだったら多分、全ての公演みましたけど、涙を飲みながら退園)
河原町のシナモロールカフェへ!
http://www.cinnamorollcafe.com/

こういうキャラ系のお店で味は期待していなったですが、(ごめんなさい)
美味しくて可愛かったです♪
息子の食べてた、「遠いお空のブルーストロガノフ」が一番好みの味でした。
私はシフォンのパッションプラネットプレートにして、マグ付きに。
店内は、もう、満足すぎるぐらい可愛くて。心が満たされました。



車は停めるところがなくって、ちょっと遠い、御池地下駐車場に停めたのですが、
http://zestoike.com/?page_id=60
その途中で「この道、みすや針の近く!」と気がついて、寄り道してきました。
http://www.misuyabari.jp/
今回は、刺繍針と、飾り針を購入しました♪
フランス刺繍針は7号にしました。
私のふくろうは、福を呼ぶと掛けて。
娘のは、薔薇です。



みすや針の以前の記事はこちら。
http://intheholygarden.blog61.fc2.com/blog-entry-164.html


帰宅ですが、
前回みすや針から自宅への帰宅時に、ナビが京都東インターから乗る道を選んで
市内の渋滞1時間以上巻き込まれてゲンナリしたので、
今回は京都南インターから乗るように、セットして帰宅しました。
帰路も、新名神をチョイス。
道がやっぱり走りやすいし、途中、鈴鹿のあたりでちょっと渋滞はあるものの、基本的には空いているので楽でした。

なんとか19時代に、伊勢湾岸自動車道の長島PAにたどり着いたので足湯もしてきました。
http://www.nagashimapa.jp/footbath/
ここの足湯は、無料なのに、本当の温泉なので、めっちゃくちゃ足も温まり、ヒーリングできました。
ちょうど夕日が落ちるところで、夕焼けも綺麗でした。

1日フルマックスで遊びましたが、とても充実した週末でした♪

スポンサーリンク

スポンサーサイト

花フェスタの春バラ 2017

可児市の花フェスタ記念公園の春バラを見に行ってきました。
http://www.hanafes.jp/hanafes/



かれこれ10年近くこの公園に通いましたが、正直、ここ数年の花フェスタは残念の一言です。
以前は、見頃や満開の時期は、花のガラ摘み、ガラ拾いなども、ボランティアさんを入れて、本当に綺麗にしてありました。
世界最大の薔薇園という名にふさわしく、バラの株も大きく、種類も豊富で
園内も管理がしっかりされていて、アーチなどもまんべんなくつるが伝っていたのですが・・・。
毎年、株がどんどん減っていき、ボリュームもなくなり、手入れのされていない寂しい部分が増えています。

園内の設備も、このハイシーズンに、壊れたベンチに黄色いテープで「立入禁止」を貼って置きっぱなしでした。
一時退避でも、撤去した方が断然よいと思うのですが…残念すぎる…。
壊れたエレベーターもまだ今年も故障中のままでした。

あと、ターシャの庭なんか、え?荒れ地?みたいな状態で。
(ターシャさんの庭のイメージがナチュラル系だというのを知っていても、え?ってレベルです)

本当に大好きでしたが、もう、来年はばらまつりのシーズンには、行かないかも。
入場料も以前はバラまつり期間は高いけど、金券とかついてたのですが、それもなくなり、実質値上げです。
気がつけばJAFやはぐみんカードの値引きもなくなりました。
なのに園内の薔薇のクオリティーは低下って。
昔はハイシーズンは年パス買って毎日来たい!というぐらい、ものすごいボリュームだったのですが。
こんなご時世ですし、経営が厳しいのかな、とは思いますが。
中の公園自体は、子供の遊ぶスペースが増えたり、飲食店も昔に比べればバリエーションが出て、良くなってきていただけに、本当に残念です。


とはいえ、行かれたい方向けの情報も。
薔薇は減っても、やっぱり規模は大きい方だと思います。
自然公園というジャンルでは、今でも大好きな公園です。
ヒトツバタコ(ナンジャモンジャ)のシーズンは並木が綺麗ですし、春はポピー、秋はコスモスも美しいです。
芝生でゴロゴロしながら空を見上げる時間はどのシーズンも格別です。

チケットは、窓口では割引がありません。
コンビニの前売りチケットが5%引きで一番お得になります。

春薔薇と秋薔薇だったら、断然春バラの規模が素晴らしいです。
(でも前述の通り、年々寂しくなっていますが)

駐車場は停めるなら、西ゲートがオススメです!
薔薇の身頃のシーズンはとにかく駐車場が混むので、朝イチ、もしくは15時過ぎがよいです。
でも、子連れなら、断然朝イチをオススメします。
なぜなら足湯(西ゲートにあります。超オススメ)や子供向け遊具などが、16時あたりで終了となってしまうものが多いからです。

参考までに閉園時間です。
【2017年 4月 1日(土)- 2017年11月 5日(日)】 9:00-17:00 (入園は16:30まで)
◆春のバラまつり期間の土日は開園時間延長 8:00-18:00 (入園は17:30まで)
但し、5/13、5/20、5/27、6/3、6/10はナイトローズガーデン開催のため20:30まで延長します。(入園は20:00まで)

バリアフリーとは程遠い高低差の大きい公園で、ベビーカーなども遠回りしたり、坂道押したりと大変です。
(でも、歩くのが大変ではあっても、子ども達は案外楽しそうに遊びながら歩きます)
ですが、途中で疲れたーあるきたくないーという3歳ぐらいのお子様連れの場合、ベビーカー持参がよいと思います。
押す方は大変ですが、子供は座りながら休めますし、だっこやおんぶよりマシです。

4月~6月は園内を花ポッポ号、夢ポッポ号というロードトレインが走ります。
中学生以上は1乗車200円ですが、小学生以下は無料ですし、ベビーカーの持ち込みもできます。
疲れたらいっそ乗ってしまうのも手です。(本数が少ないので、時刻表は要確認!)

各ゲート付近に授乳室があります。
西ゲートの授乳室を利用したことがありますが、事務所の脇の1スペースみたいな雰囲気の場所でした。


さて、話を今回の旅に戻します。

子ども達は、園内のふわふわドームが特に大好きなのですが、16時までで、既に終わっていました。
ものすごくがっかりする二人を慰めながら、育々清流ネットへ。
楽しそうにてっぺんに登る息子と、なんだかへっぴり腰な娘。
去年はすいすい登っていたのにな~と思ったら、主人が、身体が大きくなると、また難しくなるんだよ、と。
なるほど。小さい方がやっぱり身軽ですよね。(2人の身長差は15cmぐらいです)
子ども達が満足するまでひとしきり遊んで帰宅しました。



帰り道はちょっと寄り道。
花フェスタの西ゲートを右折し381号を、21号に向かってどんどん進むと、
右手にローソンの次ぐらいに恵那川上屋が見えます。(21号の角がすき家の交差点のところです)
http://www.enakawakamiya.co.jp/
私、中津川の川上屋だと勝手に思っていたのですが、系列店でもなく、暖簾分けした全く違う店舗のようです。
小洒落た洋菓子も置いてあるお店でした。
今回は急いでいたので、お土産しか買えませんでしたが、イートインのスイーツが美味しそうでした!!!
栗とは全然関係ないわらび餅を購入して帰りましたが、美味しかった~♪
次はイートインで栗ソフト食べようと目論んでいます。

お店の前の栗きんとんの椅子で記念撮影しました。


今年は日程的にどうしても合わず、16時すぎに花フェスタへ行きましたが、
午前中に花フェスタの時は帰りに土岐のプレミアムアウトレットへ行って、ご飯食べつつ、お買い物しつつ、
子ども達はアウトレット内のプレイパークで遊ぶのが定番です。
小学生は遊べない遊具が増えてしまうのですが、幼稚園児まではものすごく楽しく遊べると思います。
一番オススメは、奥の角にある大きめのプレイパークです。
(2110番地のトミーヒルフィガーと、2300番地のボディーショップの間です)
何がオススメって、パークのすぐ横に、大きめのガラス張りの休憩スペースとトイレがあるところ。
こども用トイレもあるので、子供の急な「トイレ!」でも、通常のトイレは行列でも、こども用トイレは空いていて高印象です!

あと、花フェスタに行った後なら、半券を持ってインフォメーションへ行くと、クーポンもらえますよ~。
http://www.premiumoutlets.co.jp/toki/sp/flower_2017/

うちは今回、先にアウトレットに行き、花フェスタに行きました。
http://www.premiumoutlets.co.jp/toki/
新しくできていたデリフランスというパン屋さんが、とっても良かったです!
小売りのパンもサイフォンコーヒーやジュースも美味しかったし、サンドのセットも大満足でした。
(サンドセットのおまけのソフトも美味しかった~)
http://www.premiumoutlets.co.jp/toki/brands/detail_266.html
http://viedefrance.co.jp/delifrance/


またしても食べてばっかりの1日でした。 まさに花より団子…!


追記/おまけ/昔の花フェスタ
2008年か2009年頃



2011年

スポンサーリンク

sidetitleプロフィールsidetitle

あんぶろーしあ

Author:あんぶろーしあ
ハンドメイド好きな主婦です。
気の向くままに移り気に手作りを楽しんでいます♪

私のminneのショップはこちらから。
https://minne.com/ambrosia

sidetitleあんぶろーしあ愛用グッズsidetitle
洋裁グッズオススメ記事
JUKI SL-300EX
JUKI SL-300EXを半年使って
JUKI SL-300EXを1年使って 私のオススメ洋裁道具 その1 ミシンとロックミシン
私のオススメ洋裁道具 その2 ミシン糸とミシン針
私が使っている型紙用品

愛用ミシン類
職業用ミシン
JUKI SL-300EX
購入した時のブログ
JUKI SL-300EX
メーカーサイト
https://www.juki.co.jp/household_ja/products/detail.php?id=16
SL-300EXのリンクでないのは、この機種が一部の特約店のみの販売品だということ。
お店の案内になくても、メールなどでお尋ねするとお値段を教えてくれます。
下のリンクは私が最後まで悩んだミシンです。


家庭用ミシン
ブラザーフェリエ2
リンクは後継機のリビエラ80です


ロックミシン
ベビーロック 糸取物語BL69WJ



ミシン机
購入した時のブログ
ミシンテーブルと椅子
e-tokoエクステンションテーブル大


ミシンチェア/ミシン椅子
2WAYタイプ オフィスチェア 椅子


一緒に置いてある子供用椅子
E-Toko 頭の良くなる椅子/学習チェア
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleスポンサーリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle